セルフケア商品

松田歯科医院インフォメーション

ホーム  >  再石灰化に有効な「MIペースト」

再石灰化に有効な「MIペースト」 colum

歯質の再石灰化に有効な「MIペースト」を販売開始しました

MIペースト「MIペースト」を販売開始しました(1本¥1,100)。CPP-ACPを応用したペーストです。CPPとは、「Casein phosphopeptide」のことで、牛乳タンパク質であるカゼイン由来のホスホペプチドのことです。

ACPとは、「Amorphous calcium phosphate」のことで、非結晶性で、可溶性のリン酸カルシウムのことです。"リカルデントガム"といえば皆様お分かりのことと存じます。これをペーストして応用したものです。



エナメル質からリン酸カルシウムが失われると、エナメル白斑(ホワイトスポット)が生じます。これは、エナメル質の多孔性が増すことにより、光の屈折率が変わるため白く見えるのです。ここにカルシウムイオンとリン酸イオンが作用すると、失われたアパタイトが回復し、再石灰化を促します。また、露出した象牙細管を封鎖することも確認されており、知覚過敏の緩和にも有効です。


一般的な使用方法としては、フッ素入りのペーストを使用し、ブラッシングした後、MIペーストを綿棒あるいは歯ブラシに適量とって歯に塗布し、できるだけうがいを控えるようにします。ホワイトスポットがある場合は、マウスピース内にこのペーストをつけ装着します。個人差はありますが、1ヶ月程度で改善されます。

下写真は、歯牙フッ素症の患者さんにMIペーストを応用した例です。

Before After
MIペースト使用前 MIペースト使用後

ページのトップに戻る

ブランク