セルフケア商品

松田歯科医院インフォメーション

ホーム  >  審美歯科

審美歯科esthetics

患者様が日頃から気にしている事、コンプレックスに思っておられることを少しでも解消したいと思っています。

セラミックやジルコニアなどの治療をする際、仮歯で治療後の形体を確認したり、色調に関しては口腔内の写真を撮り、より自然な仕上がりを目指しております。

保険診療でやれることもありますので御相談下さい。

電鋳クラウン(メタルボンド)

メタルボンド

歯周病治療は新宿区新宿の歯医者松田歯科医院メタルボンド

特殊な金属の被せものの上にセラミックを焼きつけていきます。自然な仕上がりとなります。又、経年変化に強く色が変わりません。





AGC

歯周病治療は新宿区新宿の歯医者松田歯科医院AGC

より精密な被せものを純金で作り、その上にセラミックを焼きつけています。金属部分が純金ですから、歯肉との境界に気になる黒ずみが出にくく明るく仕上がります。

ハイブリットセラミック

歯周病治療は新宿区新宿の歯医者松田歯科医院ハイブリットセラミック

セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用している為、割れづらい(壊れにくい)という長所があります。

しかし、長年の使用で若干、変色することもあります。




セルコン

金属を一切使わずジルコニアという特殊な高強度セラミックを使っています。高強度のためブリッジなどにも金属を一切使用せずに製作できます。


ラミネートベニア

歯の一部が破折した時、歯と歯の隙間が気になる時、ホワイトニングでは対応できない変色歯などに用います。エナメル質の表層だけを削るので、歯へのダメージは少なくてすみます。ただし、重度の歯軋りの習癖がある方にはすすめられません。

ラミネートベニアの詳細

ジルコニアオールセラミッククラウン

専用の機械で削り出したジルコニア材にセラミックを焼き付けた被せ物です。
セラミッククラウン以上の強度があり、耐久性に優れていることが特徴です。
金属を使用していませんので、金属アレルギーの方にも使用できます。

ページのトップに戻る

セラミックの詰め物

治療前治療後
模型に設置使用したセラミック

 
ブランク